みっちっちの人生なんとかなる日記

将来を全力で楽しみたい人に対して「きっかけ」を与えたい

【こんなすぐに2人も経営者に出会うなんて!】

 

ウソじゃないかと疑うくらい

衝撃的なことでした。

 

そして同時に

 

『人とのつながりがどれだけ大事か?』

ということも教わりました。

 

『一步踏み出しただけで全然世界が変わる!』ってことが

僕の中でハッキリしたことでもありました。

 

 

 

交流会で出会った経営者と話していると

僕の仕事の話になって

仕事の状況とか、正直な心境を話す流れになりました。

 

 

不満は溜まってましたから

話の最後でポロッと

 

「僕自身も今の仕事を

ずっと続けるつもりはないんですけどね。」

 

なんて一言が出てきました。

 

 

なぜだかはわからないですけど

気づいたら自然に出てた、という感じです。

 

 

すると、出会った経営者(Bさん)が

「あ、そしたら」

と切り出したので

 

何かと思って僕は思わず

イスを座り直しました。

 

「僕は今いくつか事業をしているけど

僕もAさんも独立支援を受けて

事業してるんだよ。」と。

 

「一つの事業だけではなく

エステもやってるんだ。」という話をされました。

 

 

すでに店舗をお持ちで

技術もBさんがとあるエステの師匠から

技術を教わって、それをお客さんに施術してる

という話でした。

 

 

何やら独自の技術を使っていて

自分の代だけで終わらせるのはもったいないから

と師匠に引き継がれた

 

アンチエイジングの技術を使っていると。

                            

なんかスゴイのはわかりましたけど

そのときは「ふーん」くらいに

他人事のように聞いていました。

 

 

 

すると

 

「これからもっとこの事業を

拡大していきたいからさ、

良かったら一緒にやってみない?」

 

と急に提案されたんです。

 

 

一緒に経営してみない?

 

 

こう言われたのが

去年の7月8月のことです。

 

これまでパチンコ屋も広告アフィリエイトの仕事も

即決でしたが

さすがにこればかりは即決できませんでした。

 

何しろ、

「経営者になってみない?」

と言われたわけですからね。

 

「社員にならない?」

とはまったく別の提案になっているわけです。

 

 

やれるかどうか想像もつかなかったですし

僕自身が可能なのかさえ不安でした。

 

(オレが起業?)

(自分でビジネスをするの?)

(しかもこんな簡単に決めちゃっていいの?)

 

正直オロオロ迷ってました。

 

 

でも、今のまま仕事をしているのも

絶対にイヤでした。

 

 

いろいろ考えて

自分の中ではいろんな人に会ってきて

考え方も変わって、自分の中の常識も変わっていました。

 

 

何かに就職すると

 

仕事は決まってます。

時間も決まってます。

給料も決まってます。

付き合う人は決まってます。

場所も決まってます。

 

同じことの繰り返しになってしまうことが

わかるようになっていました。